12月10日 朝の情報番組「スッキリ」でカスハラ対処法について解説しました

常識を越えた悪質クレームや迷惑行為で起こるカスハラの特集のなかで、その対処法について解説しました。
番組内で紹介されたカスハラの事例は氷山の一角。多くの方がカスハラの被害を受けているため、組織的対策が急務です。

10月25日 毎日新聞一面トップでカスタマーハラスメントなどの影響による自殺者について取り上げられました

毎日新聞一面でカスタマーハラスメントなどの苦情対応による精神障害をもとに、過去10年において24名もの方が自殺してしまったことが取り上げられました。従業員が安心して働ける環境を整えることが重要です。

10月14日 毎日新聞で「感情労働」の現場においてはカスハラ(悪質クレーム)の見極めが難しいことについて解説しました。

毎日新聞でロールプレイ(役割演技)などで学ぶカスハラ対策セミナーの内容が紹介され、

「感情労働」の現場においてはカスハラ(悪質クレーム)の見極めが難しいことについて解説しました。

クレームは常識的な「ホワイトなクレーム」、一線を越えた「ブラックなクレーム」に分けられますが、問題なのは「グレーゾーン」での判別が難しいことにつきます。

現場でのクレーム対応には3段階あり、「初期対応」「見極め」「対応方針決定」の手順が重要性なことをロールプレイで再現し受講者に伝授しました。

 

9月19日 朝日新聞夕刊で「カスタマーハラスメント」について解説しました

特集「もっと知りたいカスタマーハラスメント」で、近年増加するグレーゾーンクレーマーについて解説しました。

記事内では、介護サービスを利用する高齢者によるヘルパーへのハラスメント問題も取り上げられ、様々な業界でのクレーム対策の必要性についてまとめられています